”寝違えや筋違いによる首の痛み”
確かな診断で最適な施術と処置を提供します
中央区日本橋で
”首の寝違えや筋違い”でお困りの方は
神田大手町のメディカルスポーツ整骨院鍼灸院にご相談下さい
画像

の痛み、寝違えや筋違いの症例紹介

の痛みの症例①-中央区日本橋在住の女性

半年前にを痛めて以降スジに痛みとはり感がある、特に上を向く、片側に傾けると痛みが強い。といった症状で来院。

半年前にの筋肉を痛めた際に筋肉がずっと硬直のまま残存し、更にその影響がの関節にズレや硬さをもたらしたと思われます。

筋肉の柔軟性や関節の動きの回復を目的として施術を行ったところ、痛みやはり感が軽減されました。

 

寝違え・筋違いの症例②-中央区日本橋在住の女性

数日前に寝違えを起こし痛みが辛くなった。

特に上を向く動作やを回す動作で激痛。といった症状で来院。

寝違えには筋肉性のものと関節性のものに大きく分類されます(ヘルニアは椎間板性)。

寝違えや筋違いは、もともとの筋肉や関節が凝りや変形などで固まり、そこに負荷がかかったことが原因と考えられています。

硬くなった筋肉の柔軟性の回復を特に優先的に施術したり関節の動きの回復を目的として施術を行ったところ、痛みの軽減やの可動域の回復に成功しました。

 

中央区日本橋での痛み、寝違え、筋違いでお困りの方は神田大手町のメディカルスポーツ整骨院鍼灸院にご相談下さい。

の痛みと寝違えの原因とは?

の痛みや寝違えは多くの方が経験があるかと思います。

ではなぜの痛みや寝違えが起こると思いますか?

子供はの痛みや寝違えはそれほど起こりませんが、なぜだと思いますか?

理由は??

簡単に言うと子供のや身体は柔らかいためです。

大人になると自然とや身体の筋肉や関節が硬くなります。長時間のデスクワークやスマホによりへの過度の負荷がかかり続けることで肩こりこりが起こり筋肉や関節が徐々に硬くなり、柔軟性を失います。

そのようなタイミングで突発的にを動かしたり、無理に伸ばしたりすると、硬くなった筋肉や関節が痛みや炎症を引き起こします。

の痛みや寝違えの予防と対処法とは?

の痛みや寝違えは予防法と対処法について

予防法は簡単に言うと、肩こりこりにならないことです。長時間のデスクワークやスマホの使用で肩やに負担を与えないことです(お仕事上難しいかもしれませんが)デスクワークやスマホ姿勢は重たい頭を長時間支えているため疲労が蓄積します。また猫背姿勢も同様です。

肩を大きく沢山動かすなどの運動をしたり、また姿勢を改める意識や行動で多くの方がの痛みや寝違えが軽減したり、無くなったと実感されています。

もしの痛みや寝違えを起こしたら???

冷やす、安静が基本です。

よくある失敗例として、お風呂でゆっくり温めたり、マッサージを念入りにした、ストレッチで無理に伸ばした、という声を聞きます。しかし多くの方は痛みや症状が悪化しています。

なぜ悪化してしまったのか?

筋肉や関節が損傷し炎症を起こしている可能性があるためです。基本的には湿布を貼ったり、患部を氷水で冷やして安静にします。