文京区小石川の鍼灸整骨院からだLaboでは股関節の痛みや変形性股関節症のお悩みに対応します
・40歳~50歳女性に多い股関節痛、変形性股関節症
・股関節の内側(足の付け根)や鼠径部周囲の痛み
・早期症状なら股関節のストレッチや運動療法で痛み緩和します
股関節痛や変形性股関節症でお悩みの方は文京区小石川の鍼灸整骨院からだLaboにご相談下さい

股関節の痛み(足の付け根)は早期診断がその後のポイントとなります

サンプル

変形性股関節症とは?

足の付け根にある股関節に痛みを起こす病気を持つ人は全国で400~500万人いると言われています。そのうちの大半が変形性股関節症と考えられています。

特に女性に多く40歳~50歳代になると発症し、初期は違和感や可動域の低下ほどの症状ですが、徐々に症状が強く出るようになり、病院などを受診した時にかなり進行していることも多いのも特徴です。

股関節は他の関節と異なり深いところにあり、筋肉や靭帯に強靭に囲まれています。そのため症状を自覚しにくく、進行してから気づくことが少なくありません。

症状として最も多いのは、股関節の前面(足の付け根)の痛みや違和感です。また、お尻や太ももにも症状として現れます。更に進行が進むとに強い痛みの症状が現れます。

股関節の構造と痛みの原因

骨盤と大腿骨で構成され、その間に軟骨があります。軟骨は衝撃を吸収するクッションの役割があったり、骨盤と大腿骨をうまく適合させて動きの滑りを良くさせる役割を担っています。この軟骨が何らかの原因で擦り減ると徐々に股関節の動きが低下してきたり、痛みを発するようになります。

 

 

ACCESS

アクセス

都営三田線 春日駅 徒歩4分 都営大江戸線 後楽園駅 徒歩7分 丸の内線 後楽園駅 徒歩7分 白山通り沿い
鍼灸整骨院からだLabo写真
鍼灸整骨院からだLabo 鍼灸整骨院からだLabo
住所 東京都文京区小石川1-16-16レキセン沖本ビル201
電話番号 03-6801-6793
受付時間 平日  9:30~13:00
    15:00~20:00
土日  9:30~13:00
    15:00~17:00
休診日 祝日