膝の痛み、膝痛などでお悩みの方は鍼灸整骨院からだLaboにご相談下さい
階段での膝の痛み、膝が曲げにくいなど膝痛に関する症状でお悩みの方は文京区小石川鍼灸整骨院からだLaboにお任せ下さい
膝の痛みに効果的なストレッチ方法をご指導いたします
膝痛に効果的な運動療法で多くの方に喜ばれています
変形性膝関節症と診断された方は文京区小石川の鍼灸整骨院からだLaboにご相談下さい。

の痛み、の腫れなど痛に関するお悩みの方は文京区小石川鍼灸整骨院からだLaboにご相談下さい

サンプル

の痛み、の腫れのついて

 

の痛み、の腫れについて

関節は日常的に多くの負荷がかかるため痛めやすく治りにくい関節です。

を痛める原因として多いのが、躓いたり、足を滑らせた際にを捻って受傷するケースです。また、自然とが痛くなったり腫れてきたりすることもあります。もちろんスポーツでのアクシデントでも痛やケガは多い箇所です。

痛は日常生活の中で躓いたり、足を滑らせたりしてを捻った際に発生しやすく、半月板損傷や内側外側の靭帯損傷が主な損傷となりの腫れやの痛みとなりやすいです。

また自然との腫れやの痛みが発生しやすいのが変形性関節症です。変形性関節症は痛の中で最も多い疾患です。

スポーツで多いの痛みやケガは、非常に多くて様々です代表的なものでいうと、前十字靭帯損傷、半月板損傷、側副靭帯損傷、ジャンパー、ランナー、水泳、タナ障害、オスグッド病(蓋腱炎)などです。

小石川の鍼灸整骨院からだLaboでは、スポーツ鍼灸整骨院での実績や経験を生かして、の痛みやの腫れなどに対して的確な判断と施術を行ってまいります。

の痛みやの腫れ、が曲がりにくいなど痛の症状でお困りの方は、小石川の鍼灸整骨院からだLaboにご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変形性膝関節症について

変形性関節症について

自然と徐々にが痛くなってきた方、徐々にが腫れてきた方、徐々にが曲がりにくくなってきた方は変形性関節症かもしれません。

関節は歩くたびに多くの負担がかかります。そのため、過度の体重や歩き方、足の筋力、靴の選び方、O脚などで関節にかかる負担は変化します。

しかし、ご自身のが変形性関節症とは自覚がない方がほとんどです。

臨床上最も多いのは過度の体重です。半月板が潰れて関節のクッションが失われていきます。すると関節内に炎症が起きて腫れてきます。

次に多いのがO脚です、O脚はの関節の適合性が悪いため足の筋力が低下していったり、O脚が進行していくとの痛みや腫れが起きやすくなります。

の痛みやの腫れ、が曲げにくいなどに関してお悩みの方は文京区小石川の鍼灸整骨院からだLaboにご相談下さい。

ACCESS

アクセス

都営三田線 春日駅 徒歩4分 都営大江戸線 後楽園駅 徒歩7分 丸の内線 後楽園駅 徒歩7分 白山通り沿い
鍼灸整骨院からだLabo写真
鍼灸整骨院からだLabo 鍼灸整骨院からだLabo
住所 東京都文京区小石川1-16-16レキセン沖本ビル201
電話番号 03-6801-6793
受付時間 平日  9:30~13:00
    15:00~20:00
土日  9:30~13:00
    15:00~17:00
休診日 祝日